FC2ブログ
鶴ヶ島展示場のご紹介

鶴ヶ島展示場はリノベーション
により生まれ変わりました。
新しいコンセプトだけでは無く
新旧の違いが体感出来るもの
ポインです

鶴ヶ島市脚折1513-7
TEL : 049-285-4377
FAX : 049-285-4386

関谷 秦彦

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0077.jpg

最高の家作りを全力で
お手伝いします。

可児 健一

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0069.jpg

丁寧なご提案を心がけています
お気軽にご相談ください

村松 玲佳

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0085.jpg

真心こめて
お手伝いいたします

中澤 萌々子

住まいづくりプロデューサー

IMG_5322_1.jpg

どんなに難しい家づくりも
実現のお手伝い致します!

發智 良幸

一級建築士

jyuutaku0087.jpg

家族皆様の幸せ未来予想図から
逆算して住まいを考えます

前田 久徳

建築士

jyuutaku0090.jpg

家族皆様の幸せ未来予想図から
逆算して住まいを考えます。

南 賢大

建築士

jyuutaku0085.jpg

『こだわりのある家づくり』
一緒に考えましょう。

中村 文音

建築士

jyuutaku0089.jpg

女性目線ならではの
ご提案を致します

本社ホームページへ

本社ホームページ

ちょっと聞いてみる

これってどうなの?本当?
住人十色の家づくり
住まいのプロがお答え致します。 お気軽にご利用くださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Twitter...

最高の家づくりBLOG 鶴ヶ島ver.
埼玉県の近藤建設鶴ヶ島展示場スタッフによる、注文建築に関するブログです。住まいに関しての知識はもちろん オーナー様の想いが形になっていく過程を わかりやすくお伝えできればと存じております。
電気を考える・・・・・
計画停電の実施で、かなり電気を使わない生活を心がけてきました

家の中でも、上着を着たり、厚い靴下をはき

照明も一部屋だけにして

ファンヒーターやエアコンはやめ、ストーブを持ち出してきて

湯たんぽも登場!

でも・・・・3月分の検針票をみてビックリしました

いつもと同じくらいの使用量だったので・・・・・


計画停電やら原発事故のことばかりが頭にあって

今月分の電気使用量の<暫定処置>を知らなかったんです! 


皆さんはご存知でしたか?

今月3月分は 前月2月分の使用量の請求がきます

諸般の事情により、4月の料金で清算してくれるそうです

そういえば・・・・

パソコンもテレビも あまり使わなかったので情報が入らなかったんでしょう・・・

チョット、本末転倒・・・

情報はしっかりと入手しないとだめですね (恥)



節電・節電とは言いつつ・・・・

何もかもでは、かなりストレスがたまります

効果的に節電して、上手に電気を使いたいものです


そこで、参考までに調べてみました


電気をかなり消費するのが・・・・・・

アイロン・ドライヤー・トースター・ホットプレート・食洗機

これらは、長時間は使わなくても、消費電力はかなり高いです

電気需要が高いときの使用は、なるべく避けたいモノです


冷蔵庫・コタツ・オイルヒーター・エアコン

長時間、使用するので、温度設定に気をつけるとベスト!


そのほかにも

掃除機・電気カーペット・炊飯器なども、電気をかなり使います


こうして、改めて電気の消費電力を考えると

どれも、生活になくてはならないものですね



現在、日本には55基の原子力発電所があります

その中で、一番電気を作っているのが新潟県・柏崎刈羽原子力発電所

次が福島第一原子力発電所なんだそうです

中越沖地震のときは、柏崎刈羽がしばらく操業停止し

夏の電力需要に暗い影を落としました

あれから、4年半あまり・・・・・

忘れかけている方も多いのでは? (私もそうですが・・・)



原子力発電には 賛否両論がありますが

資源に乏しい日本、頼らざるを得ないんでしょうね・・・・


どのような構造で、なにが安全なのか・・・・・?

皆目分かりませんが

ただ確実に分かっているのは、<需要は私たちが生んでいる> という事です


計画停電・・・・苦労をされている方も大勢いらっしゃいます

不安やストレスも溜まってきます

でも、今は皆で頑張りましょうね

そして、必ず、今回の事を今後に生かして行きましょう


                   K・S

 追記

 被災された方々を思うと胸がつまります・・・・・
 
 でも、今は日本の屋台骨をしっかりと守らねば・・・・

 それも、私たちの やらねば成らない支援であると思ってます

 だから、私たちも頑張れます 頑張っていきましょうね!

スポンサーサイト

詳しくは、鶴ヶ島展示場まで!

電話:0120-85-4377
HPはこちら  Facebookはこちら