FC2ブログ
鶴ヶ島展示場のご紹介

鶴ヶ島展示場はリノベーション
により生まれ変わりました。
新しいコンセプトだけでは無く
新旧の違いが体感出来るもの
ポインです

鶴ヶ島市脚折1513-7
TEL : 049-285-4377
FAX : 049-285-4386

関谷 秦彦

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0077.jpg

最高の家作りを全力で
お手伝いします。

可児 健一

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0069.jpg

丁寧なご提案を心がけています
お気軽にご相談ください

村松 玲佳

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0085.jpg

真心こめて
お手伝いいたします

中澤 萌々子

住まいづくりプロデューサー

IMG_5322_1.jpg

どんなに難しい家づくりも
実現のお手伝い致します!

發智 良幸

一級建築士

jyuutaku0087.jpg

家族皆様の幸せ未来予想図から
逆算して住まいを考えます

前田 久徳

建築士

jyuutaku0090.jpg

家族皆様の幸せ未来予想図から
逆算して住まいを考えます。

南 賢大

建築士

jyuutaku0085.jpg

『こだわりのある家づくり』
一緒に考えましょう。

中村 文音

建築士

jyuutaku0089.jpg

女性目線ならではの
ご提案を致します

本社ホームページへ

本社ホームページ

ちょっと聞いてみる

これってどうなの?本当?
住人十色の家づくり
住まいのプロがお答え致します。 お気軽にご利用くださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Twitter...

最高の家づくりBLOG 鶴ヶ島ver.
埼玉県の近藤建設鶴ヶ島展示場スタッフによる、注文建築に関するブログです。住まいに関しての知識はもちろん オーナー様の想いが形になっていく過程を わかりやすくお伝えできればと存じております。
鏡開きです
本日、1/11日は鏡開きですね

お正月、神仏にお供えをした お餅をさげて食べる日です

昔は・・・・・

カチカチに硬くなったお供え餅を

何と!金槌ではたいて、砕いたものです・・・・・・・

砕いた後は、油で揚げ、しょう油をまぶし、美味しくいただきました


とくに、杵でついたお餅は

餅つきの時、蒸かしたての餅を素手で返すため

とても熱く、どうしても手に水をたっぷりつけるためか・・・・・

カビが生える事が多かったように思います

そんな、お餅は水に浸し、カビをきれいに取りのぞき、乾かして・・・・

庭のすずめの餌にしてました


自動餅つきが我が家に導入され、

ぐおんぐおんと音を立てながら、お餅が出来たときは

機械のありがたさをつくづく感じつつ・・・・・・

やがて、お餅はつくものから、買うものになりましたが・・・・・

古くからの伝統として こんな行事はしっかり残してまいりたいものです


お正月の間、展示場にも供えられていたお餅も

この伝統にのっとり、本日、床の間からさげてきました

お供えするお餅は 古代の銅鏡(どうきょう)という鏡に似てます

一番上に載っているのは、<みかん> ではなく <橙> だいだいです

CIMG6744.jpg


この、銅鏡で自らを<鑑みる・かんがみる> つまり、うつして見る

鑑餅=鏡餅 になったとも言われているそうです・・・・・・

丸い形は、円満を表し、橙(代々)円満であろう! といった意味でしょうか

因みに・・・・・

紅白のひらひら(御幣・ごへい)は魔よけの色・・・・・

お餅が置かれている台を(三方)といいます

その上の紙が四方紅(しほうべに)、東西南北(四方)の魔を除ける紙です

だから、四角い紙の廻りだけ、魔よけの紅色なんですね・・・・・


何でも、ちゃんとした意味がある!

意味を知って飾るのと、知らないで飾るのは 心持が違いますね・・・・・・

代々受け継いでもらいたい、文化・伝統は まず自分達も知らなければ・・・・・


さて、

鏡餅は下げましたが、まだまだお正月のイベントは満載です

明日からの三連休、どうぞお気軽にお出で下さい

また、この機会に

太陽光発電の個別相談会

IHの実演会

制震住宅相談会

も開催しております

いづれも、無料です!知っていると得する情報を是非!近藤建設で!!

                          K・S
スポンサーサイト

詳しくは、鶴ヶ島展示場まで!

電話:0120-85-4377
HPはこちら  Facebookはこちら