FC2ブログ
鶴ヶ島展示場のご紹介

鶴ヶ島展示場はリノベーション
により生まれ変わりました。
新しいコンセプトだけでは無く
新旧の違いが体感出来るもの
ポインです

鶴ヶ島市脚折1513-7
TEL : 049-285-4377
FAX : 049-285-4386

関谷 秦彦

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0077.jpg

最高の家作りを全力で
お手伝いします。

可児 健一

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0069.jpg

丁寧なご提案を心がけています
お気軽にご相談ください

村松 玲佳

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0085.jpg

真心こめて
お手伝いいたします

中澤 萌々子

住まいづくりプロデューサー

IMG_5322_1.jpg

どんなに難しい家づくりも
実現のお手伝い致します!

發智 良幸

一級建築士

jyuutaku0087.jpg

家族皆様の幸せ未来予想図から
逆算して住まいを考えます

前田 久徳

建築士

jyuutaku0090.jpg

家族皆様の幸せ未来予想図から
逆算して住まいを考えます。

南 賢大

建築士

jyuutaku0085.jpg

『こだわりのある家づくり』
一緒に考えましょう。

中村 文音

建築士

jyuutaku0089.jpg

女性目線ならではの
ご提案を致します

本社ホームページへ

本社ホームページ

ちょっと聞いてみる

これってどうなの?本当?
住人十色の家づくり
住まいのプロがお答え致します。 お気軽にご利用くださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Twitter...

最高の家づくりBLOG 鶴ヶ島ver.
埼玉県の近藤建設鶴ヶ島展示場スタッフによる、注文建築に関するブログです。住まいに関しての知識はもちろん オーナー様の想いが形になっていく過程を わかりやすくお伝えできればと存じております。
ネコは何処へ・・・・・
ポカポカと暖かい日差しの中

庭の芝生の上でゴロゴロとしている猫・・・・

名前を < ミャーゴ > と言います。

実名は知りません・・・

どこの家のネコなのかも知りません・・・・・

こちらが勝手に<ミャーゴ>と呼んでいます

かなりの<どら声>で この<どら声>を隠しているのか、めったになかず・・・

でっぷりと太っているので、ノラ猫ではなさそうです

ところが、太っているくせに ことのほか動きが機敏で

そして、非常にふてぶてしい・・・・・

ささやかなわが庭をトイレがわりに使い・・・・

何事もなかったように、スタスタと立ち去る・・・・

去年の夏には、庭のメダカ鉢にどっかと座り

メダカを狙っている・・・・

そんな時の<ミャーゴ>はかなり無防備であり・・・・・

だから、そんな無防備な<ミャーゴ>を 私が狙うのである・・・

残念ながら、一度も触れたことはなく

ものの見事に 逃げ去っていく

「お~っ まじヤバかった・・・・・」とでも言っているように

「ミィャ~ゴ」と唸っている

それにしても、いつ聞いても ドラ声である


そこにいくと、裏のお家で飼われていた

<メアリーちゃん>は美しく優雅なネコだった

ペルシャネコならではの純白の毛並み 

切れ長の目と ツンとすました顔だちは 気品すら感じたもである

もっともこの<メアリーちゃん>飼い主さんは<ミーちゃん>と呼んでいたっけ・・・・

残念ながら今は「ニャン国」に旅立ってしまいましたが・・・・・

いまだに話題になる、スーパーキャットでした



ところで、皆さんのお家の近くで この頃< ネコ > を見かけますか?

以前はそこかしこにいた<ノラ猫>も激減?

私の身の回りでは、まさに絶滅危惧種に近いです・・・・

飼いネコちゃんさえも、目にしなくなりましたが・・・

先日、展示場のカタログ整理をしていると、キャットタワーなるものが・・・・・

ネコの室内遊具のようです

高くて、陽だまり好きのネコちゃんに飼い主さんからの心使い・・・・

太い棒に何段もの棚があり、その棚を上へ上へ <ネコ上がり>出来るようです

昔のように、いたる所に隙間があり、スルスル~と抜け出し

野山を駆け回り、遊びつかれると帰宅する・・・・

そんな、ネコスタイルは昔の住宅では出来たものの

しっかりと隙間なく造りこまれた現代の建物・・・ 

こんな快適居住スペースを得たぶん・・・

ちゃんと、遊べる空間も不可欠なんでしょう・・・・

自由気ままに 出歩いていたネコも

いまやお家の中で ネコライフを満喫しているんでしょうね・・・・


この所の生活用品はヒトだけでなく、ペットの皆さん(?)にも充実しております

そういった点では、住宅展示場は情報の<玉手箱>です

「へ~っ こんなモノがあるんだ!」

「あったら便利だろうな・・・」

そんな、今の住宅情報が溢れております!

目で見て、プロに尋ねて、身近に感じる・・・・・

そんな住宅展示場を どんどん活用して下さい

そして、そんな展示場を目指して これからも頑張ってまいります

                       K・S 
スポンサーサイト





詳しくは、鶴ヶ島展示場まで!

電話:0120-85-4377
HPはこちら  Facebookはこちら

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tsuluten.blog4.fc2.com/tb.php/460-2b793c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)