FC2ブログ
鶴ヶ島展示場のご紹介

鶴ヶ島展示場はリノベーション
により生まれ変わりました。
新しいコンセプトだけでは無く
新旧の違いが体感出来るもの
ポインです

鶴ヶ島市脚折1513-7
TEL : 049-285-4377
FAX : 049-285-4386

関谷 秦彦

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0077.jpg

最高の家作りを全力で
お手伝いします。

可児 健一

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0069.jpg

丁寧なご提案を心がけています
お気軽にご相談ください

村松 玲佳

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0085.jpg

真心こめて
お手伝いいたします

中澤 萌々子

住まいづくりプロデューサー

IMG_5322_1.jpg

どんなに難しい家づくりも
実現のお手伝い致します!

發智 良幸

一級建築士

jyuutaku0087.jpg

家族皆様の幸せ未来予想図から
逆算して住まいを考えます

前田 久徳

建築士

jyuutaku0090.jpg

家族皆様の幸せ未来予想図から
逆算して住まいを考えます。

南 賢大

建築士

jyuutaku0085.jpg

『こだわりのある家づくり』
一緒に考えましょう。

中村 文音

建築士

jyuutaku0089.jpg

女性目線ならではの
ご提案を致します

本社ホームページへ

本社ホームページ

ちょっと聞いてみる

これってどうなの?本当?
住人十色の家づくり
住まいのプロがお答え致します。 お気軽にご利用くださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Twitter...

最高の家づくりBLOG 鶴ヶ島ver.
埼玉県の近藤建設鶴ヶ島展示場スタッフによる、注文建築に関するブログです。住まいに関しての知識はもちろん オーナー様の想いが形になっていく過程を わかりやすくお伝えできればと存じております。
4月1日のささやき・・・・
鶴ヶ島展示場には、パントリーと呼ばれれる食品庫があります

女性の方には必見です

一畳に満たないスペースですが、使い勝手は最高です

奥行きはあえて浅くしております

ここの、 <あえて、浅くする> がポイントなんですが・・・・

奥行きを深くすると、どうしても奥に、忘れた品物が出てきがち・・・・

気がつくと、消費期限が過ぎていたり

「あっ~、ここにあったんだ!」なて言うこともしばしば・・・・!

収納の 小さなポイントとしてご提案し

お客さまからも、なるほど!とご賛同いただいております・・・・



こうして、日々展示場の仕事をしている私たちは常々・・・

これは、収納に限ったことではない! そう感じるようになりました

つまり・・・・人間でも、日曜茶飯事におこっているのでは・・・?


「自分のことは 棚に上げる」 俗にそんないわれ方をしておりますが・・・・・

何故、自分のことなのに、棚に上げっぱなしになるのか・・・・・・?

どうして、上げっぱなしの自分を下せないのか・・・・

上げたままで、何故忘れてしまうのか・・・

かくも、奇怪な問題に一部の社員が取り組み始めました



そうして、この春・・・・

「棚に上げる前の自分に戻れる」 画期的な商品の開発に成功しました

詳細については、企業秘密でございますが・・・

数種類の携帯できるコントロラーを使い

しばらく忘れていた <自分の事> を半強制的に思い出していただく・・・・

ピアス型・ネックレス型・カチューシャ型・指輪型・・・

かなり小型化されて 持ち歩きにも便利です

今後は男性用が携行できるモデルも開発していく予定です

思い出し方法も

メロディタイプ・振動タイプ・のスタンダードな物から

母親のどなり声 TVコメンテーターの客観的な物の言い・・・・

また、鼻の穴をくすぐる などの変わり種も登場しております


この開発により、すべての辞書から

「自分のことは、棚に上げる」 という言葉はなくなるだろうと

関連各所からも注目を浴びております・・・・・

 




こんな時期に、エイプリルフールのジョークもどうか・・・?

そうも思いましたが じつは・・・

この <携帯自分の過去を思い出し器> はエイプリルフールのささやきです



今、この大変な時期に 

便座の暖房を切って!

お風呂も、続けて入りなさい!!!

夜はなるべく照明も少しにして!!!!

エアコンはなるべく使わず 一枚服を着なさい!!


自分の事を棚に上げて 人にはそれを望む・・・・・

おおいに自分を省みております


半ばは自分の為、半ばは他人(ヒト)の為・・・・・

新年度をむかえ、気持ちを新たに頑張ってまいります

               K・S

スポンサーサイト


詳しくは、鶴ヶ島展示場まで!

電話:0120-85-4377
HPはこちら  Facebookはこちら

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tsuluten.blog4.fc2.com/tb.php/482-70598bb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)