FC2ブログ
鶴ヶ島展示場のご紹介

鶴ヶ島展示場はリノベーション
により生まれ変わりました。
新しいコンセプトだけでは無く
新旧の違いが体感出来るもの
ポインです

鶴ヶ島市脚折1513-7
TEL : 049-285-4377
FAX : 049-285-4386

関谷 秦彦

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0077.jpg

最高の家作りを全力で
お手伝いします。

可児 健一

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0069.jpg

丁寧なご提案を心がけています
お気軽にご相談ください

村松 玲佳

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0085.jpg

真心こめて
お手伝いいたします

中澤 萌々子

住まいづくりプロデューサー

IMG_5322_1.jpg

どんなに難しい家づくりも
実現のお手伝い致します!

發智 良幸

一級建築士

jyuutaku0087.jpg

家族皆様の幸せ未来予想図から
逆算して住まいを考えます

前田 久徳

建築士

jyuutaku0090.jpg

家族皆様の幸せ未来予想図から
逆算して住まいを考えます。

南 賢大

建築士

jyuutaku0085.jpg

『こだわりのある家づくり』
一緒に考えましょう。

中村 文音

建築士

jyuutaku0089.jpg

女性目線ならではの
ご提案を致します

本社ホームページへ

本社ホームページ

ちょっと聞いてみる

これってどうなの?本当?
住人十色の家づくり
住まいのプロがお答え致します。 お気軽にご利用くださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Twitter...

最高の家づくりBLOG 鶴ヶ島ver.
埼玉県の近藤建設鶴ヶ島展示場スタッフによる、注文建築に関するブログです。住まいに関しての知識はもちろん オーナー様の想いが形になっていく過程を わかりやすくお伝えできればと存じております。
岪・・・・・ へつりと読みます
震災以来 4度目の東北の旅に行ってきました

今回は 塔のヘつりです (福島県・下郷町)

岪・・・・・これで <へつり> と読むのだそうです

う~ン 日本語って難しいですね・・・・・


川が途方もない年月をかけて浸食した地形・・・・・・

くぼんだ部分が歩けるんですが

あまり、たくさんの人は 行きかうことはできません・・・・・

下の 深緑の川の淵に 落ちてしまいそうです

・・・・・そういえば、浮き輪が常備されてました・・・・・・

CIMG4465.jpg

CIMG4448.jpg

CIMG4456.jpg

国の天然記念物の指定を受けているそうで・・・・・・

自然のなせる技には、感嘆させられます




でも・・・・・・

今回、ご紹介したいのはコチラなんです

CIMG4472.jpg

CIMG4475.jpg

CIMG4474.jpg

<塔のへつり駅> です

林の中、ひっそりとたたずんでます

金田一耕助さんが マントと下駄ばきで降りてきそうです

ホームは屋根もなく、駅舎らしきものもありません

あるのが、この <塔のへつり駅> と書かれた門だけです・・・・・・

会津鉄道・会津線として、ちゃんと電車も走ってます

坂道の先に、板張りのホームらしきものが・・・・・

私的には、この駅に感動をおぼえました  (エキゾチック・ジャパン~!)



傍らには

CIMG4470.jpg

可憐なすみれの花・・・・・・

パンジーやビオラなどの品種改良された花とは違い

淡い紫の小さな花が 落ち葉の下からそっと顔をのぞかせてました



道を挟んで

この樹のおへそ・・・・・

多くに人に触られているのか、ちょっと皮がむけてます

CIMG4477.jpg

私の両手を合わせたほどの大きさで

けっこう大きい <樹のでべそ> です

満を持したように、ホトトギスも鳴きだしました・・・・・・・

鳴き声を伝えられないのが、残念ですが

<世紀> を戻したたような世界が広がってます



これこそが、東北の旅の醍醐味かもしれませんね・・・・・

太い道ではなく、横道に少しだけ <舵を切って>

思いがけない <日本発見> ができます



そうそう・・・・・・・

こちらの、お土産物屋さんで買った <曲げわっぱ> は格別に安く~

家族のお弁当箱として活躍中です

寂しいおかずの時も、何だかこれに入れると美味しそうになります

実際、同じものが倍の値段で売られているの見たときは・・・・・

「うっしし~」 などと 喜び・小躍りをしたくなりました


何かを見つけるとき

それは、「やって来るのではなく」・・・・・・

こちらから、「行ってみるのが」なにより大切なのかもしれませんね

 
鶴ヶ島展示場もそんな、みつけモノのある場所であるよう、日々精進です

                         K・S
スポンサーサイト





詳しくは、鶴ヶ島展示場まで!

電話:0120-85-4377
HPはこちら  Facebookはこちら

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tsuluten.blog4.fc2.com/tb.php/629-438c5ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

携帯でブログを見る

QR