FC2ブログ
鶴ヶ島展示場のご紹介

鶴ヶ島展示場はリノベーション
により生まれ変わりました。
新しいコンセプトだけでは無く
新旧の違いが体感出来るもの
ポインです

鶴ヶ島市脚折1513-7
TEL : 049-285-4377
FAX : 049-285-4386

関谷 秦彦

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0077.jpg

最高の家作りを全力で
お手伝いします。

可児 健一

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0069.jpg

丁寧なご提案を心がけています
お気軽にご相談ください

村松 玲佳

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0085.jpg

真心こめて
お手伝いいたします

中澤 萌々子

住まいづくりプロデューサー

IMG_5322_1.jpg

どんなに難しい家づくりも
実現のお手伝い致します!

松嶋 正明

一級建築士

jyuutaku0088.jpg

一邸一邸真心こめて
お手伝い致します。

前田 久徳

建築士

jyuutaku0090.jpg

家族皆様の幸せ未来予想図から
逆算して住まいを考えます。

南 賢太

建築士

jyuutaku0085.jpg

『こだわりのある家づくり』
一緒に考えましょう。

本社ホームページへ

本社ホームページ

ちょっと聞いてみる

これってどうなの?本当?
住人十色の家づくり
住まいのプロがお答え致します。 お気軽にご利用くださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Twitter...

最近のコメント

最高の家づくりBLOG 鶴ヶ島ver.
埼玉県の近藤建設鶴ヶ島展示場スタッフによる、注文建築に関するブログです。住まいに関しての知識はもちろん オーナー様の想いが形になっていく過程を わかりやすくお伝えできればと存じております。
明日は節分です
早いもので 明日は節分ですね

子供の頃は、結構楽しく豆まきもしたものの・・・・・

年齢を重ねるごとに、何だか恥ずかしくなってしまいました


節分に由来や言われは様々あるようですが・・・・・・

CIMG6768.jpg

申し訳なさそうに、除いているこの写真の鬼のお面の裏に書かれてました

ご紹介させてください


宇多天皇(平安時代)の御世に 京都・鞍馬山の鬼が都に出てきては

乱暴・狼藉の限りを尽くし・・・・・大変、困っておりました 

ある日、毘沙門様のお告げがあり、7人の博士が49日間の祈祷をし・・・・・

鬼のすみかの穴をふさぎ三石三斗(約420キロ)の豆を撒いたのが始まりとか・・・・・

420キロ・・・・・スゴイですね


不苦者有智・ふくはうち (くるしまざるものには ちあり)

遠仁者疎道・おにはそと (じんにうときものには みちにうとし)

可愛い鬼のお面の裏の、深いコトバ・・・・・・

一年間 身近に置いて教訓としたいです


さて、個人的な節分となると・・・・・・

絵本の「おにたのぼうし」を思い出します

鬼の子「おにた」が節分の豆まきによって、それまで住んでいた小屋を追われ・・・・

病気の母と娘の住まう、一軒の家にたどり着きます

天井で様子をうかがっていたものの、食べ物にも事欠く有様・・・・・

ついには、角を隠す帽子をかぶり

あかいまま(赤飯)とウグイス豆を持ち帰って女の子にあげます

女の子は、美味しそうにご馳走をいただき・・・・・・

「私の家も、豆まきをしたい・・・・・」と おにたに告げます

気がつくと、おにたの姿はなく

かぶっていた帽子の下には「節分の豆」がありました・・・・(号泣・号泣)

おにたは何処へ・・・・・・・



基本的に、我が家は「おにた」のような鬼なら共同生活OKです・・・・・

家に棲み付く「鬼」よりも・・・・・

自身の心に棲まわせてしまった「鬼」

こちらこそ、しっかりと除けたいものですね・・・・・・



さて!

ご来場のお客様にこちらの「豆」をプレゼントしております

撒いて食べて、どうぞ一年無病息災でお過ごしいただけますように・・・・・・

CIMG6772.jpg


                      K・S
スポンサーサイト


詳しくは、鶴ヶ島展示場まで!

電話:0120-85-4377
HPはこちら  Facebookはこちら

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tsuluten.blog4.fc2.com/tb.php/722-4bb9439f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)