FC2ブログ
鶴ヶ島展示場のご紹介

鶴ヶ島展示場はリノベーション
により生まれ変わりました。
新しいコンセプトだけでは無く
新旧の違いが体感出来るもの
ポインです

鶴ヶ島市脚折1513-7
TEL : 049-285-4377
FAX : 049-285-4386

関谷 秦彦

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0077.jpg

最高の家作りを全力で
お手伝いします。

可児 健一

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0069.jpg

丁寧なご提案を心がけています
お気軽にご相談ください

村松 玲佳

住まいづくりプロデューサー

jyuutaku0085.jpg

真心こめて
お手伝いいたします

中澤 萌々子

住まいづくりプロデューサー

IMG_5322_1.jpg

どんなに難しい家づくりも
実現のお手伝い致します!

發智 良幸

一級建築士

jyuutaku0087.jpg

家族皆様の幸せ未来予想図から
逆算して住まいを考えます

前田 久徳

建築士

jyuutaku0090.jpg

家族皆様の幸せ未来予想図から
逆算して住まいを考えます。

南 賢大

建築士

jyuutaku0085.jpg

『こだわりのある家づくり』
一緒に考えましょう。

中村 文音

建築士

jyuutaku0089.jpg

女性目線ならではの
ご提案を致します

本社ホームページへ

本社ホームページ

ちょっと聞いてみる

これってどうなの?本当?
住人十色の家づくり
住まいのプロがお答え致します。 お気軽にご利用くださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Twitter...

最高の家づくりBLOG 鶴ヶ島ver.
埼玉県の近藤建設鶴ヶ島展示場スタッフによる、注文建築に関するブログです。住まいに関しての知識はもちろん オーナー様の想いが形になっていく過程を わかりやすくお伝えできればと存じております。
3月から配属になりました堀口です!
堀口でございます。

今月からお仕事をさせていただくことになりました、
堀口卓也です。どうぞよろしくお願いいたします。



さて、今回が初ブログとなりますが、
こんなお話ですいません。
今回は


鉄鋼」のお話をさせていただきます。(浅い話ですが。。。)


鉄




そう!あの鉄です!



先日、建築の勉強をしていましたら、「鉄鋼」という言葉がでてきまして、
今さらながら、「?」となってしまいました。


私に勉強が足りないのかもしれないのですが、皆様「鉄鋼」と「鉄」と「鋼」の違い
ご存じでしょうか??



正解は以下の通りです。



鉄鋼 【てっこう】
純鉄,銑鉄,鋼,フェロアロイなど工業的に供給される実用の鉄の総称。


鉄 【てつ】
鉄(てつ、旧字体/繁体字表記:鐵、英: iron、羅: ferrum)は原子番号26の元素。元素記号は Fe。


鋼 【はがね】
鋼(はがね、こう、旧字体で釼とも書く。)とは鉄を主成分にする合金を指し、鉄の持つ性能(強度、靭性、磁性、耐熱性、自己潤滑性など)を人工的に高めたものである。鉄の代表的な不純物である炭素の含有率で見た場合、軟鉄と鋳鉄の間にあると言える、炭素の含有が0.3%~2%のものの総称である。ただし0.3%以下でも、ステンレスや耐熱鋼などは鋼として扱われる。軟鉄や鋳鉄とあわせて鉄鋼(てっこう)あるいは鉄鋼材料とも呼ばれ、鋼でできた材料を鋼材(こうざい)、板状の鋼材を鋼板(こうはん)と呼ぶ。日本語の「はがね」の由来は「刃金」である。20世紀後半には多くの新材料が発達したが、鋼は依然として産業上重要な位置を占めている。




簡単に言いますと


まずは鉄(Fe)があります。
それを人が使うときには少し弱いとのことで、炭素をほんの少~しだけ混ぜてみると
すごく強い鉄が完成しました。

それが

はがね


鋼です。


なので、実はよく世間に出回っている鉄製品は全て鋼です。

鋼の錬金術師の鋼は鉄よりも性能がいいということですね♪
そして、鉄人28号は「鋼人28号」ということなんでしょうか。。。


ちなみに、「クロム」という物質を鉄にまぜるとステンレス鋼という物質ができます。
そう、皆様よくご存知あの錆びない(錆びにくい?)ステンレスです。


ステンレス鋼のことをステンレスと言ったり、ステンと言ったりしていますが、
ステンレス鋼が正式名称のようです。


ステンレスも鉄の仲間ということですね♪



ということで、鉄鋼とは
純粋な鉄や鋼、ステンレスなど鉄とその親戚の集まりの総称と言えそうですね!!






拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。


堀口でした!!



スポンサーサイト





詳しくは、鶴ヶ島展示場まで!

電話:0120-85-4377
HPはこちら  Facebookはこちら

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tsuluten.blog4.fc2.com/tb.php/808-8c5443ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)